たんぱく質の食べ過ぎは太る原因になります!

s_a0006_002536

 

「たんぱく質でも食べ過ぎると太ります!ヽ(`Д´)ノ」

最近では、低炭水化物
ダイエットというのが流行っていて、

炭水化物こそ太る栄養素だ!ヽ(`Д´)ノ

だから、炭水化物以外の
たんぱく質をたくさん食べましょう。

 

ということをよく聞きます。

確かに、炭水化物は食べすぎる
とよくありません。

炭水化物を食べることで、
脂肪を合成するインスリンが
分泌され、

太ってしまう恐れがあります。

 

しかし、かといってたんぱく質も
食べすぎれば太る原因になって
しまいます。

そこで、今回は、たんぱく質が
太る理由についてお話してい
こうと思いますよ^^

 

たんぱく質は消化不良を引き起こします

 

太りにくい体つくりや
ダイエットをする上で、最も重要な
ことはなんでしょう?

 

食べ過ぎを防ぐこと?
摂取カロリーを減らすこと?
適度な運動をすること?

 

もちろんこれらは正解です。

これらを実践した結果、
実際に痩せることができた人も
いるでしょう。

 

しかし、もうひとつ大事なことが
あります。

それは腸内環境をよくすることです。

よく断食はダイエットに効果的
だと言われますが、あれは、
カロリーを制限することよりむしろ、
整腸することが目的です。

 

腸内環境をよくすることで、
老廃物を体外へ追い出し、
体の細胞を活性化させることが
できます。

すると、なにもしなくても消費する
基礎代謝が上昇し、自然と痩せやすい
体をつくることができるわけですね^^

 

しかし、たんぱく質をたくさん
食べ過ぎてしまうと、この
腸内環境を悪くしてしまう
恐れがあるのです。

 

また、たんぱく質の摂り過ぎは

消化不良を引き起こします。

 

なぜなら、たんぱく質は腸内で
消化されるのに、かなりの時間を
必要とするからです。

 

とくに肉や魚などの動物性たんぱく質は
消化され吸収されるまでにかなりの
時間がかかります。

 

さらに、消化しきれなかった
たんぱく質の残留物質は腸内で
腐敗し、悪玉菌の餌になるため、

たんぱく質の過剰摂取は、
腸内環境の悪化を招きます。

 

腸の働きが悪くなると、
いい便を出すこともできないし、
老廃物を体外へ排出することも
困難になってしまいます。

 

すると、体の代謝が悪くなり、
肥満へとつながってしまう
というわけですね(´・ω・`)

 

太るのを防ぐには?

 

では、一体どうすれば、
この悪循環から抜け出せるのでしょう?

それはズバリ消化を助けてくれる
酵素を中心とした生活を送る
ことです。

 

酵素は消化活動を助け、
体の代謝をあげる効果があるため、
これを毎回の食事で補給して
やる必要があります。

 

具他的には、

生の野菜
生の果物
発酵食品(納豆、味噌など)

を日々の食事の中に取り入れる
ことによって、消化しやすい食事を
こころがける必要があります。

 

いくら、低脂質だからといって、
消化の悪いたんぱく質ばかりを
食べていたら、太ってしまいます。

 

また、気軽に酵素を補って
短期間で痩せたいのなら、
酵素ドリンクを飲むことを
おすすめします^^

 

⇒はやく痩せるなら酵素ドリンクです!

コメントを残す