お酒は太る?ダイエット中なら太らない飲み方をしよう!

s_col_mv-652

ダイエット中でもお酒を飲みたいですヽ(`Д´)ノ!

ダイエットしてるけど、
お酒を飲みたいヽ(`Д´)ノ

お酒好きの人なら、
誰しもこう思ってしまうでしょう。

 

とくに会社の飲み会や、
取引先の接待がある場合、
いくらダイエット中とはいえ、

お酒は飲みません!(´・ω・`)

なーんてことはいえないですよね。

 

しかし、お酒を飲んでしまうと、
せっかくのダイエットが・・・。

そんな時は一体
どうすればいいのでしょう?

 

そこで、今回はダイエット中に
おける「酒との上手な付き合い方」

お酒は太る?太らない?
実はお酒には2種類あります。
おつまみが肥満を促進する。

について詳しく説明していきます!

 

お酒は太る?太らない?

 

一般的にお酒は、
ダイエットの天敵!という
イメージが強く、

お酒を飲むと太ってしまうんじゃないの?

と心配している人が多いですね。

 

しかし、「お酒=太る」というのは、
実は間違いで・・・

 

もちろんアルコールにはカロリーが
存在していますが、体内で吸収
される前にほとんどが燃焼して
しまうため、

「エンプティーカロリー」
呼ばれています。

 

つまり、お酒から摂取したカロリー
は優先的に燃焼されるため、
アルコールだけでは太らない
のです!(・∀・)

 

とはいえ、お酒を飲み過ぎると
太ってしまうのもまた事実です。

一体なぜなのでしょうか?

 

お酒は大きくわけて2種類ある

 

問題はお酒の種類です(´Д`)!
実は、お酒には大きくわけて、

■醸造酒(日本酒、ワイン、ビールなど)
■蒸留酒(焼酎、ウイスキー、など)

この2種類があります。

 

醸造酒は穀物や果汁などを
アルコール発酵させたもので、
糖質を多く含んでいます。

 

一方の蒸留酒は「蒸留」によって
糖質がカットされています。

 

さて、ここまでですでに答えは
出ていると思いますが・・・

そうです!

太ってしまうのは、ビールや
日本酒などを含む醸造酒
ほうですね!(´・ω・`)

 

糖質を多く含むお酒を毎回毎回
がぶがぶ飲んでしまうのは単純に
糖質過多ということになり、

そもそもアルコールを飲む以前の
問題です。

 

いくらアルコール自体にあまり
太る要素がなかろうが、

糖質を取りすぎると太って
しまうのは当然のことです。

とくに、女性が好むような
あまーいサワーやカクテルなどは
もう論外ですよヽ(`Д´)ノ

 

そのため、

どーしてもダイエット中に
お酒を飲みたい(´Д`)!

という場合は、

 

ビールやワインなどの醸造酒は
できるだけ避け、

糖質が入っていない
蒸留酒を積極的に飲むように
しましょう^^!

 

お酒よりもおつまみが問題

 

実は、お酒で太る最も
大きな原因はお酒ではありません。

”おつまみ”です!

 

お酒はそれ自体にはたいした
カロリーはないですが、

食欲を増進し、
脂肪を吸収しやすくする!

という働きがあります。

 

そのため、お酒を飲む時に
一緒に食べるおつまみが
最も太りやすくする元凶と
なっているのです。

 

まず、炭水化物はできるだけ
避けるようにすること。

また、からあげやフライドポテト
などの揚げ物類はできるだけ
控えることが大事です。

 

具体的には、

■魚の刺身
■カルパッチョ
■枝豆
■海藻サラダ

こういったものを意識して
食べるようにして、

お酒で太るリスクを減らすように
しましょう^^

 

まとめ

 

■一概に「お酒=太る」わけではない。
■蒸留酒は太りにくい。
■お酒よりもおつまみが危険。

 

また、いくら太りにくい
蒸留酒といえど、もちろん
飲み過ぎは厳禁ですよヽ(`Д´)ノ!

 

ただ、上記のようなポイントを
意識することで、

お酒を我慢せず上手にダイエット
することができますよ♪

 

しかし、お酒を飲みながらの
ダイエットといえど、体重を減らす
ことはなかなか難しいです。

そのため、できるだけはやく
効果的に痩せたいのなら、

酵素の力を借りましょう^^

 

⇒酵素の力で効果的に痩せれます!

コメントを残す